株式会社小嶋工務店|木造注文住宅|設計|工場建設|倉庫建設|リフォーム|葛飾区

qrcode.png
http://www.kojima-koumuten.co.jp/
モバイル版はこちら
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

株式会社小嶋工務店
〒125-0061
東京都葛飾区亀有2-66-8
KT bldg.202号
TEL.03-6231-2677
FAX.03-6231-2688

----------------------------------
・鉄筋・鉄骨建築物の
  プランニング、設計、施工
・一般住宅のプランニング、
  設計、施工
・戸建住宅・集合住宅

・店舗の  リフォーム全般
・上記にかかる一切の付帯工事
----------------------------------
・建築工事業許可番号
  東京都知事許可(般-28)
  第033173号
・宅地建物取引業 東京都知事
  (2)第91211号

223887
 

耐震について考える

   
基礎から細部まで地震に強い構造を実現
最近地震のニュースも多く、地震災害に対する関心がとても高まっています。これから木造注文住宅を建てようとお考えの方にとって、「いざというときでも慌てずにすむ安全・安心な家」は必須条件といえます。
 

地震に強い家とは

地震に強い家とは
 

軽くて強い木材でできている木造注文住宅が地震に弱い、ということではありません。建築基準法にもとづいて建てられた木造住宅は、阪神大震災でも大きな被害は受けませんでした。

地震に強い建物にするためには、しっかりとした基礎、良質な木材を柱・梁・土台に使用することが基本。さらに、筋違いなどを入れ壁を適切に配置し、接合部では金物を使用するなどして、耐震構造にすることが重要です。これは、耐風構造としても有効です。

 

木造注文住宅の耐震・免震・減震をご提案

木造注文住宅の耐震・免震・減震をご提案
 

地盤改良(柱状改良杭)や基盤に防湿フィルムを張り、湿気対策など基礎から丁寧につくり上げていきます。
 

  • 「引き抜く力」に対抗するホールダウン金物


地震や台風といった災害時は、激しい揺れや強風により建物の壁を足元から引き抜こうとする力が働きます。その力に対抗するため、小嶋工務店では柱と横架材、柱と基礎および上下階の柱の緊結に、ホールダウン金物を使用します。

   
当社では、株式会社カナイ製ホールダウン金物など耐震金物を使用しています。
製品についての詳細は、こちらをご覧ください
   


  • 柱(垂直材)と梁(水平材)で対抗

   
地震・強風によって生じる家を歪めようとする力は、柱や梁の接合部に集中するため、建物はコーナーから破壊されていきます。そのため、直交する横架材(梁・桁)が変形しないよう、圧縮に強い角材の火打梁や剛床パネルなどで、地震・風による水平面の変形を防ぎます。
   

当社では耐震性の高いウィンウッド工法を採用しています。
この工法についての詳細は、こちらをご覧ください。

AIR断震についてはこちら

 

地盤改良とは

地盤改良とは
 
やわらかい堆積層によって成り立っている関東平野。そのなかでも東京23区は海抜0m地帯が多く、地面が液体状になる「液状化現象」が起きやすいといわれ ています。とくに足立・葛飾・江戸川といった東京東部の地盤は軟弱で、いくら家の耐震性を高めても、地盤から崩れてしまう恐れが。そのため、建物を建設す る前に地盤改良工事をおこない、地震に強い地盤に変更することから始めるのです。
<<株式会社小嶋工務店>> 〒125-0061 東京都葛飾区亀有2-66-8 KT bldg.202号 TEL:03-6231-2677 FAX:03-6231-2688